スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめを通してみるコミュニケーションの大切さ byみーぱん

「いじめを通してみるコミュニケーションの大切さ」 byみーぱん

今回コラムを書くに当たって、私は経験不足というか、恐れ多いというか(笑)
まだ語る立場にないと思っています。
そこで今日は
「コミュニケーションの大切さ」というのを自らの経験を通して感じてきたことを述べたいと思います。
私は小学校3、4年のときにいじめられていました。
「みゆきがはいるんやったらうちぬけるわー」
って仲間はずれにされたり、
物隠されたり、
犯人扱いにされたり。
担任の先生も見て見ぬふりだったのか、本当に気づいてなかったのか、、、、

もし、当時私の担任だった先生がもっと生徒のことを良く見ていてくれたら、
もし、生徒同士の中でまず、お互いのことをよく知り、認め合うことが出来たら、
もし、教師が40人のクラスを1人で見ることに手いっぱいだとしても、
他の教師ともっと連携をとり、学校全体でもっと生徒のことをよく見ることが出来たら、
もし、親が忙しくても毎日少しでも子供と関わる時間を持つことができたら、
もし、家庭と学校の連携がもっとうまくとれていたなら、どうだったでしょうか?

このように、「教師と生徒」、「生徒と生徒」、「教師と教師」、「親と子」、「学校と家庭」などの
さまざまな形でのコミュニケーションがとても大切です。
当たり前で、わかりきったことだけど、
それらがうまく行われていないから「いじめ」などの多くの問題が生まれてくるのだと思います。
そして多くの形のコミュニケーションの中でも
「親と子」のコミュニケーションは特に大切なのではないかと私は考えています。
私の場合、当時、「教師と生徒」、「生徒と生徒」とういう形のコミュニケーションは全く取れなかったけど、
両親は毎日私と何らかの形で関わる時間をもってくれて、
いじめに耐え、めげることなく学校に通うことが出来ました。
「学校なんか嫌いで行きたくないけど、
頑張って通ってお家に帰ればお母さんが待ってくれる、
お母さんはいつも味方で、話を聞いてくれる」と思うことができました。
いじめられっこだけではなく、
いじめっこに対しても、もっと家庭の中での位置、役割、存在を認めること、
親とのコミュニケーションの時間がもっと取れていたなら、
簡単に言えば、親がもっと子供にかまってあげていたなら、
いじめをしなかったかもしれないと思います。

先日、ある場で、「いじめはなくなるのか」という議題がうまれ、話し合いました。
全体としての結果は「なくならない」というものでした。
「完全に」いじめがなくなるというのは無理な話かもしれません。
しかし、いかにいじめを減らすか、いかにいじめを生まないようにするか、
1つ1つを解決していくには、「コミュニケーション」はなくてはならない大切なものだと思います。

将来先生になったら、よくあるクラス目標だけど、
本当の意味での「みんな仲良く楽しいクラス」を作りたいですっ★
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トフェス10

Author:トフェス10
更新歴 
平成22年2月28日
講師紹介更新(4人)
平成22年2月24日
イベント詳細更新
平成22年2月23日
コラム更新
イベント詳細更新

 

※イベント詳細については常に新着情報の確認をお願いします。
 訪問ごとに1回は必ずカテゴリ内の「イベント詳細」をクリックしていただくようお願いします。大切な情報の確実な伝達のためです。

=第三回ALL東海教育フェスタ'10 in 岐阜のブログ=

DoorS ~新たな一歩~
「このフェスタを通じて一人ひとりが次の道へ進むためのドアを見つけ、その先にある輝かしい世界を拓き、新たな一歩を踏み出してほしい」

ALL東海教育フェスタの理念である、
①教育をテーマに多くの人が、様々な観点から語り合い、学びあう場を提供すること
②東海地域を中心とした、教育をテーマにした「つながり」のきっかけを提供すること
を踏まえ、新たなスタッフのもとで作り上げています。

教育について
自分について
社会について
などなど、

熱く、濃く、幅広く

語ってみませんか?

そして

新たな自分を発見し、
新たな視点での「世界」への扉を開け放ち、
新たな一歩を踏み出していきましょう。

その先にある
光をめざして・・・・

----------
★日時

平成22年3月6日・7日 (1泊2日)

★場所

岐阜少年自然の家(岐阜県岐阜市)
※名古屋→岐阜…約20分 byJR
 静 岡→岐阜…約1時間半
 岐阜駅→会場…約50分 byバス

★参加費 8000円前後

★参加対象
教育に関心のある人
     教師になりたい人
         自分を変えたい人

★フェスタ申し込み

以下アドレスまでメール送信お願いします。

tokai_2010@yahoo.co.jp

※申し込み締め切り
3月2日(火)

①件名に「参加希望」(質問の場合は「質問」)※2
②名前 ③性別    ④所属(学校・学部名・学年)
⑤ニックネーム    ⑥希望職種(教員の場合は科目名)
⑦フェスタの意気込み ⑧顔写真※3
⑨電話番号※4
※1・この情報はイベント内でプロフィールとして掲載します。
※2・1日だけ参加については詳細をスタッフにお尋ねください。
※3・顔写真は任意です。強制ではありません
※4・参加者様個人との連絡のためのみに使用いたします。個人情報を漏洩することはありません。
----------―

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。